正雀駅 & 岸辺駅

f:id:rail06way:20200301133802j:plain

前回記事の高槻市駅から、正雀駅までやってきました。

 

 

 

f:id:rail06way:20200301134253j:plain

この駅の東側には車庫と工場があり、線路がたくさん広がっているのが見えます。

 

 

 

f:id:rail06way:20200301134351j:plain

車庫への入出庫に使う線路を1号線と数えているため、乗り場は2号線から始まります。

(阪急では1番線、2番線…ではなく、1号線、2号線…と数える)

 

 

 

f:id:rail06way:20200301134756j:plain

正雀駅の駅舎です。案内看板にもあるとおり、JR岸辺駅が480mとすぐ近くにあります。

 

 

 

f:id:rail06way:20200301134950j:plain

少し進むと、正雀工場の正門がありました。

 

レールウェイフェスティバル開催時は一般人でも入れます。

 

 

 

f:id:rail06way:20200301135425j:plain

岸辺駅が見えてきました。

 

複々線には、ひっきりなしになんらかの電車がやってきます。

 

 

 

f:id:rail06way:20200301135616j:plain

北に抜ける地下道がありました。岸辺駅の南北自由通路ができるまでは重要な役割を果たしていたと思われます。

 

 

 

f:id:rail06way:20200301135820j:plain

岸辺駅の駅舎です。

 

橋上駅舎ができたのは2012年なので、まだ新しい雰囲気の駅舎です。

 

 

 

f:id:rail06way:20200301140341j:plain

長~い南北自由通路から見渡した、吹田信号場の線路たちです。

 

阪急の正雀工場といい、この付近は線路だらけですね。