阪急上牧駅で新幹線を見てきた

コロナでいろんな場所に行くのをためらう中、久しぶりに鉄活。

 

今回は、高速で走る新幹線を見ることができる、阪急上牧(かんまき)駅に行くことにしました。

 

f:id:rail06way:20200801195943j:plain

 

梅田から特急で高槻市に行って、準急(高槻市から各停)に乗り換えて、隣の上牧駅に向かいます。

 

地味に、高槻市駅で4本の線路全てに車両が停まっていました。

 

 

 

 

 

 

 

上牧駅から大山崎駅までの区間は、東海道新幹線のすぐ横を走ります。

 

なぜなら、この区間の高架化工事は、東海道新幹線の建設と同時に、まとめて建設したからです。

 

まず、新幹線の線路を作って、それを阪急の仮線として使用。その後阪急の線路も作って新幹線が開通、という経緯がありました。

 

そんな区間にある上牧・水無瀬・大山崎の3駅の中で、この駅だけが島式ホームなので新幹線ウォッチに適しているのです。

 

f:id:rail06way:20200801201333j:plain

 

駅に降りてしばらくすると、新大阪方面行きの新幹線が通過しました。

 

思った以上に風を切る音がものすごいです。

 

f:id:rail06way:20200801201641j:plain

 

東京方面行きの列車もやってきました。

 

こちらのほうがホームに近いので、更に迫力があります。

 

 

 

f:id:rail06way:20200801201853j:plain

 

阪急の特急もやってきました。

 

新幹線より100キロ以上遅いですが、ストレートが続く区間故に、かなりの速度で通過します。

 

f:id:rail06way:20200801202102j:plain

 

快速特急A「京とれいん」にも出会いました。雅洛じゃないほうですね。

 

 

 

f:id:rail06way:20200801202243j:plain

 

阪急と新幹線が同時に写った写真も撮影できました。

 

今日は暑すぎるので、これで終わりにして撤収しました。

 

 

 

 

f:id:rail06way:20200801202414j:plain

 

最後に、駅舎はこんな感じです。

 

上牧駅は西側にしか出口がありません。それ故にホームの東側は人が少なく撮影しやすいです。